スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ジオス>勧められ一括払い 娘に注意むなしく(毎日新聞)

 東京地裁に破産を申し立てた英会話学校大手「ジオス」(東京都渋谷区)と、全国の329教室のうち、230教室(同約2万9000人)の運営を引き継ぐジー・コミュニケーション(名古屋市)は21日の会見で「受講生の保護に努力する」と強調した。しかし、99教室が閉鎖されるうえ、すでに支払い済みの前払い受講料の返還も受けられないため、受講生らの不安は増している。

 閉鎖予定の三軒茶屋教室(東京都世田谷区)に通う家事手伝いの女性(22)は3月中旬、4月から1年分の授業料25万円を支払ったばかり。従来は月払いしていたが、昨秋ごろから、担当者に度々一括前払いを勧められたという。同じく経営破綻(はたん)した「NOVA」に通っていた母親に「現金を集めるのは怪しい」と言われ、ぎりぎりまで支払いをためらっていたという。女性は「倒産を知りながら、一括払いを勧めたのなら、さみしい」とため息をついた。返金が認められないため、今後はジー社が運営を引き継ぐ近くの教室に通うことを考えているが、「自宅から遠くなり、先生も今まで通り教えてくれるのか不安」と話す。

 同じく閉鎖される奈良市西大寺東町の西大寺ならファミリー教室では、様子を見に来た米国人講師、ダニエル・フリーさん(23)が「昨日のミーティングでは、支社長が経営は大丈夫と言っていたのに、今朝、電子メールで破綻の連絡が来た。うそつきだ。給料がもらえないと米国に帰れない」と怒りをあらわにした。

 また、小学6年の娘(11)を北上教室(岩手県北上市)に約10年間通わせている同市の主婦、中村友美さん(51)は、夫や友人のメールで破産を知り、駆け付けた。同教室も閉校予定で「既に払った1年分の受講料はどうなるのか」と心配だった。

 ジオスとジー社では、受講生に対し24日まで問い合わせ専用フリーダイヤル(0120・1344・46)を開設。午前10時から午後8時まで相談に応じるとしている。【井出晋平、馬場直子、湯浅聖一】

【関連ニュース】
ジオス:「お金は戻るのか」 破産申請に受講生ら困惑
ジオス:破産、負債総額75億円 競争激化で経営難に
ジオス:英会話大手が破産、負債75億円 全国に329教室、一部事業譲渡
ジオス破綻:「お金、戻るのか」 受講生ら不安大きく
ジオス破綻:「お金、戻るのか」 受講生ら不安大きく

伊賀市 20人の“忍者”参上 ロケ地誘致目指し(毎日新聞)
障害者自立支援法訴訟が終結(産経新聞)
<地域政党>「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
報国寺 青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)
「1Q84」3、発売開始(読売新聞)
スポンサーサイト

<1歳変死>母親の内縁の夫を傷害容疑で逮捕 大阪・堺(毎日新聞)

 堺市で1歳7カ月の男児が変死した事件で、大阪府警は15日未明、腹部を押さえつけて男児に重傷を負わせたとして、母親(21)の内縁の夫で無職、古田島昂志(こたじま・たかし)容疑者(23)=堺市堺区中向陽町1丁=を、傷害の疑いで逮捕した。「泣きやまないので腹が立ち、全体重をかけ、両手で腹部を押し込んだ」と認めているという。府警は15日午後の司法解剖などで、古田島容疑者の暴行と死亡との因果関係を調べ、傷害致死か殺人容疑の立件も検討する。

 逮捕容疑は今月13日午後6時から14日午前5時までの間、自宅マンションの一室で、泣きやまない岩本隆雅(りゅうが)ちゃんの腹部を力を込めて両手で押さえつけ、腹腔(ふくくう)内出血などの重傷を負わせた、としている。

国家築くロマン、全身で感じる 平城遷都1300年祭(産経新聞)
<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)
<村本さん死亡>東京・青山葬儀所で告別式 500人が別れ(毎日新聞)
<殺人未遂>警官2人刺され重軽傷 男は逃走 長崎・佐世保(毎日新聞)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)

堺の男児死亡 「4~5日前から数回繰り返し腹を押さえた」 同居男を送検へ(産経新聞)

 堺市堺区で1歳6カ月の岩本隆雅(りゅうが)ちゃんが虐待死した事件で、傷害容疑で逮捕された無職、古田島昂志(こたじま・たかし)容疑者(23)が、大阪府警の調べに「4~5日前から数回繰り返し腹を押さえた」と供述していることが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 府警によると、司法解剖の結果、死因は腹を殴打され、小腸と腸間膜が裂けたことによる出血性ショックと判明。府警は容疑を傷害致死に切り替え、16日午後送検する。

 捜査関係者によると、古田島容疑者は「死亡する4~5日前から腹を押さえる行為を繰り返した。腹と背中を挟んで抑えることもあった」と供述している。

 司法解剖では、隆雅ちゃんのおでこに皮下出血があったほか、全身数カ所にあざが見つかった。あざについて、古田島容疑者は「言うことをきかないときにいらっとして手を出した」と暴行を認めているという。

 母親(21)は「仕事から帰宅すると自分の知らない間に隆雅の体にあざができていることがあった」と説明しているという。

 このほか、隆雅ちゃんは体重が7・8キロと同年齢の平均10キロ以上に比べ、やせていたことも判明。全身の栄養状態が悪く、育児放棄されていたとみられる。

【関連記事】
堺の男児虐待死、同居23歳男「発熱、泣きやまず腹を押した」
堺の男児虐待死、母親の交際相手の男を傷害容疑で逮捕
近所住民「まさか…」 堺の1歳児死亡、また虐待か
1歳男児が虐待死か 堺で頭に内出血・腸管破裂の症状
「子供を愛せない」日本の病

<女児ひき逃げ死>元理事長に実刑 横浜地裁判決(毎日新聞)
国内1位東大は変わらず=研究機関ランキング-米企業(時事通信)
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発(産経新聞)
日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)

米タイム誌インタビュー 首相「今まで従属的…米の言いなりならぬ」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は9日までに米タイム誌のインタビューに応じ、日米関係について「日本にとって最も大事な関係」としながらも、「今までは米国の主張を受け入れ、従属的に外交を行ってきた」と指摘した。その上で「一方的に相手の言いなりになるよりも、お互いに議論を通じ、信頼を高めていく」と強調した。

 首相はこれまでも、「米国にも言うべきことを言う」などと、対等な日米関係の構築を唱えてきた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題が難航しているだけに、波紋を広げそうだ。

 日中両国の経済力に関しては「中国の人口は日本の約10倍で、いつか日本のGDP(国内総生産)を抜くのは当然だ。経済的により良い日中関係を作る方が大事だ」と述べた。

 ただ、中国の軍事力に関しては「透明性が十分ではない。軍事力の急速な伸びを、常に注視しなければならない」と懸念を示した。

 インタビューは3月30日に行われた。

<掘り出しニュース>カメ甲羅干し…前へ~ならえ(毎日新聞)
新党名「たちあがれ日本」で調整=「平沼新党」(時事通信)
鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」(産経新聞)
鳩山首相、学校耐震化「予備費も念頭に…」(産経新聞)
<与謝野・平沼新党>民主、「第三極」を警戒(毎日新聞)

犬山祭 満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)

 愛知県犬山市の国指定重要無形民俗文化財「犬山祭」が3日、開幕した。好天に恵まれ、桜が満開になった国宝・犬山城下に13両の車山(やま)が繰り出し、見物客は絢爛(けんらん)豪華な歴史絵巻に見入った。約380年の伝統があり、精巧な彫刻や水引幕で彩られた車山の巡行が呼び物。各町内から引き出されて町を練り、激しく方向転換する「車切(しゃぎり)」を披露した。

【関連写真特集】写真で見る各地のさくら便り2010

 夕暮れからの夜車山(よやま)では、車山に取り付けられた365個のちょうちんに明かりがともり、城下町を幻想的に彩る。祭りは4日まで。主催者は2日間で50万人の人出を見込んでいる。【花井武人】

【関連ニュース】
【関連写真特集】写真で見る花見今昔 飲めや歌えは連綿と
【関連写真特集】飛び散る汗、ほとばしる熱気 日本の祭り総ざらえ
<関連写真特集>毎日植物園・春 サクラ、モモ、チューリップも
<特集>さくら情報はこちらで 投稿も募集中

中曽根元首相「外務省から密約の説明受けた」(読売新聞)
どこか違う?「宇宙カボチャ」 初収穫、種は全国の小学校に(産経新聞)
子ども手当受給の外国人、22年度中に把握(産経新聞)
医師会に配達の鉢植え出火、会長選巡り脅迫?(読売新聞)
<橋下知事>豊中市長と“和解” 大阪空港跡地利用で協議へ(毎日新聞)

10年度予算「あり得ない姿」=仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は1日、朝日ニュースターの番組収録で、新規国債発行額が過去最大の44兆円に上った2010年度予算について「戦争末期の軍事費が膨れ上がった時ぐらいしかなかった。本来はあり得ない姿だ」と述べ、深刻に受け止めていることを強調した。
 仙谷氏は「小渕恵三首相の時の金融危機から悪い循環が始まった。リーマン・ショック以降の(景気低迷の)状況で、そういう傷、疲弊を受け継いだ予算にならざるを得なかった」と釈明する一方、「どなたが見ても『この国が続くんだろうか』と不安心理を醸し出すことは間違いない」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
新車販売4年ぶり増加=3.8%増、エコカー政策が奏功-09年度
生保3社、株含み益3倍に=市場持ち直しで-3月末
短期金利、ゼロ金利解除後最低に=日銀の潤沢な資金供給で
景気「悪い方向」、3年連続トップ=財政、外交にも懸念

<若林議員辞職>「なぜ押したのか」 首ひねる閣僚たち(毎日新聞)
しばたはつみさん死去(歌手)(時事通信)
記録的ヒットの『アリス~』を引っさげジョニー・デップが緊急来日!
民主に「デフレ脱却議連」 日銀に金融緩和圧力(産経新聞)
首相「私という政治家がいなければ勝場君も…」(産経新聞)
プロフィール

はたやまきょういち

Author:はたやまきょういち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。